スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流星の絆

著者:東野圭吾氏


ハヤシライスが看板メニューの洋食店『アリアケ』の経営者夫妻が殺された。
功一、泰輔、静奈の三兄弟がペルセウス座流星群を見に出ていた間の惨劇だった。
店の裏口から出ていく男を目撃した次男泰輔。

三兄弟は、両親の仇を討つことを決意する。



前回、「ウィンクで乾杯」を読んだ後、本屋にふらりと入ったら山積みされていたので、迷わず購入。

期待を裏切らない作品でした。

モノ作りに携わってる方(サラリーマンももちろん含む)なら、誰でも分かると思うけど、毎回毎回お客さんのニーズや期待を裏切らず、尚且つそれを上回るって、相当困難だし、そんな事が出来る方ってそうはいないでしょう。


なのに、東野氏ったら。


この作品、ドラマ化されて、尚且つもう放送ですよね。

さて、原作がここまで面白いと、ドラマ化、映画化するのって相当難しいハズ。

どう楽しませていただけるのかしら?

ウィンクで乾杯

著者:東野圭吾氏


パーティ・コンパニオン小田香子は恐怖のあまり声も出なかった。
仕事先のホテルの客室で、同僚牧村絵里が、毒入りビールを飲んで死んでいた。
現場は完全な密室、警察は自殺だというが…。
やがて絵里の親友由加利が自室で扼殺され、香子にまで見えざる魔の手が迫ってきた…。
誰が、なぜ、何のために…。


久々に東野圭吾氏の作品。


俺が面白いと、心から思える作品は・・・


・物語が始まって、すぐにナニカが起こる。(起承転結の起が早い!)

・物語の先が読めない。

・読み進める為の、文章表現がうまくて読んでて飽きない。

この3点結構重視してます。


で、東野氏の本は、短編、長編問わず、どれをとってもこの3点が素晴らしい!!

ミステリーはそんなに好きじゃなかったのに、「好き」に変えてくれた作家様。


偉大です!

ドキュメンタリー

ドキュメンタリー番組は結構好き。


もちろん、その監督さんの意向がめちゃ反映されているから、一歩間違えると危険だけど。


で、そんなドキュメントの力は偉大だな、と。


なんてったって、真実ですからね。


リアルタイムで、苦しんでる方々が世の中にはたくさん存在する訳で。


芝居は、どこまで行っても芝居な訳で。


ただ、芝居にしか出来ないナニカがあると信じてます。


舞台、映画、ドラマ、アニメ。


それぞれにしか出来ない良さがきっと沢山あるはず。


もっともっと自分を磨いて、素敵な作品に巡り会いたいと思いますわ。

そろそろ


やめませんか??


くだらない、テレビ番組。


中身の薄そうな、七光り芸能人。


自慰的な作品。

難しいだろうけど、出来たら、みんな本物を見る目を養おう。


勉強って、もっと楽しいもんだから。


得意分野を伸ばせば、きっと誰もが楽しく学べるはずだから。


俺ももっと勉強しよ。

ヲトコ。

新宿は、バイタス。


昨日とは打って変わって、今日は500円の芝居。


友人、足立率いる、東京バンビの番外公演。


面白かった~!!


足立の演出なのかは分からないけど、役者の使い方とか面白いなぁなんて、思ったりしてた。


声出して笑ってたら、後で前列のお客さんに、うるさい声ですぐ誰か分かったて・・・


やかましくて、スイマセン。



しかし、一日だけの公演とはもったいない!!!



昨日と比べると、料金は10分の1程。


内容はもちろん、ジャンルは全く違えど、遜色なし!


本当、最高に楽しかった。


12月の公演も見逃せないね。

藤沢大悟 in 森の風子

行って来ました、新宿は、シアターアプル。



友人の藤沢大悟君の出演する舞台。


「森の風子」

いや~・・・楽しかった!!


まず、公演時間が、2時間30分近くあって、その間、彼の動きの量が尋常じゃない!!


動く動く。


途中で死ぬんじゃないかと心配もした程。


ジュノンボーイコンテストで、なんちゃら賞を取った程イケメンな彼。


普段はとってもお茶目さんですが。


そんな彼が子供から成長する様は素敵でした。


明日で最終ですが、是非行ってみて欲しい作品ナリ。


でも、明日は東京バンビの「ヲトコ」も見て欲しい。


昼、夜で両方いかが?

弔。

舞台を観て来た。


in 下北沢。


offoff劇場

クロカミショウネンさんの舞台。


前からクロカミさんの名前はよく聞いていたし、今回は、友人の松岡努さんが出演すると聞いての観劇。


ちなみに、松岡さんのブログ


久しく、舞台を観て笑ってなかったような気がしてたが、これは笑った笑った。



途中、アクシデントなんかもあって、もう結構声出して笑った。



今日が初日で、約2週間続くので、皆さんも是非!


しかも駅前劇場でやっている、「祝」とで、同時上映なので、両方見てみたくなる作品。



要チェックですわ。

因果応報

先日、居酒屋で、店員の態度があまりにも納得いかなかったので、軽く文句を言った。


したら、店員さんブスッっとしてた。


ま、文句言われれば誰でも気分いいもんじゃないな。と、反省したその瞬間!!



ガッシャーーーン!!




って下げたお皿をぶちまけた様子。


周りには、俺が文句言ったから震えたんじゃないか!?

なんて冷やかされ、なおさら反省。



そしたら、店員さんが、「申し訳ありません!!」と。


いやいや、騒がしいのなんて全然気にしませんよ。なんて振り返った瞬間!


俺のカバンに全てがぶちまけられていた。



しかもカバン空いてたし。



これには、笑うしかなかった。


店員さんの、さっきまでの態度はどこへやら。


めちゃくちゃ低姿勢で、平謝り。


俺も言い方があったな。と、本当に反省。


結局、カバンに入れてたもんと、カバンはすぐに洗濯機に入れちゃいましたとさ。


悪い事すると、必ずしっぺ返しが来るんだね。


反省。

小鹿

小鹿こと、バンビ。


親友、足立広紀率いる、東京バンビが今週末に公演を打つ。


なにやら、番外編やら、実験公演だなんて言っている模様。


どんな無茶をやらかして来るか、今から楽しみだ!


詳しくは、HPを覗いてみてちょ。

夢をかなえるゾウ


久々に本の話。

ちと、遅ればせながら読んだ本。

「夢をかなえるゾウ」

作者:水野敬也氏

ある朝、突然主人公の目の前にゾウの「ガネーシャ」が現れる。

ガネーシャは「今から自分が出す簡単な課題さえこなしていけば、お前は確実に成功する」と言うけれど、はたして……。




今までにビジネス書と呼ばれる本を数十冊読んで来た。

そして、いつかこれを簡単に読める小説に出来たらなぁ・・なんて思って来た。

これはまさに、そんな本!

何十冊のビジネス書を読むよりも、この一冊!

もちろん経験には負けるけど、とにかく素敵な本です。


ビジネス書としてだけでなく、後半ホロリと泣いてしまった程。

小説としてもかなり素敵な本。

登場人物(と言っても、片方ゾウだけど・・・)がとっても愛嬌あって、ユーモラス。


久々に最後まで読みたくない!って本でした。

あ、最後まで読むと、なんだか寂しいので、本当に気にいった本と巡り合うと毎回思います。
プロフィール

光山文章

Author:光山文章
☆名前:光山 文章(ミツヤマ フミアキ)
☆誕生日:1979年6月19日
☆性別:♂   血液型:O
☆職業:俳優、時に作・演出。(所属事務所:中野笑店)
☆出身地:愛知県

☆特技、趣味:韓国語、空手、ボクシング、クライミング 、サッカー、


 ○出演作品○

▼映画
『SP THE MOTION PICTURE~野望篇~』
2010年10/30(土)公開

『SP THE MOTION PICTURE~革命篇~』
2011年3/12公開

『怖来』(主演)

『コンクリート』

▼ドラマ・TV
『駄目ナリ!』YTV他

『春 君に届く』YTV

『超星艦隊セイザーX』(第3話)TVTX

『築地探偵ハナカゼカオル』(第1話)CS

▼CM
『ジョージア (男ですいません)』

▼舞台
・エンタメ集団演人全開公演
  第2回「ロマンショー」
  第3回「クリスマス公演」(オムニバス作・演)
  第4回「名作」
  第5回「これなんだパンダ」
  第6回「地をhow鳥」
  第7回「ギロチンチョーク」
  第8回「BRIGHT MONING」(作・演出)
  第9回「タクト!」
  第10回「愛の素っ頓狂だい!」
  第11回「BRIGHT MONING(再演)」(作・演出)
・東京バンビ
  第14回「パークライフ」

最近の記事
カテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

+ アーカイブ
 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

スカウター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。