スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100人!!

撮影に行ってみたら、意外と迷うことはなく・・・


と、思ってたけど、中に入ると案内の方無しでは歩けないくらい、複雑なのね・・・


メイクに移動するだけでも迷いそうなくらい。


なんとかパンのくずを落としつつ行ったので、迷わずに済んだけど。


で、現場の待機所に入ると、エキストラの方々と同じ部屋でチョー大広間!



色んな意味でビックリ。


そのエキストラの方々の数が100人!!


いやはやビックリ。


こんだけの人数の撮影って、まぁ大変。


とにかく時間が掛かる掛かる。


ふぅ。
スポンサーサイト

撮影初日

さ、今から撮影行ってきます。


ドラマですが、放送近くなったらまた書きます。


しかし・・・



日テレって・・・


行った事ねーし。


迷いそうだな。


今日が俺のクランクイン。


周りは知らない方々ばかり。


毎度の事ながら、相当な人見知り。


気合いれてこよ。

歌舞伎

何年か前の歌舞伎・・・

パルコ歌舞伎「決闘!高田馬場」と、コクーン歌舞伎「東海道四谷怪談 北版」を映像で観た。


両方合わせて、約6時間半の大作!


しかし、飽きる事なく食い入るように観てしまった!!


歌舞伎面白い!!

役者もさる事ながら、鳴り物の方々もめっちゃかっこ良かった。

食わず嫌いだったな。

しっかし、役者が見得をを切る様は、やっぱり渋い。


思わず「歌舞くね~!」と、心の中で呟いてしまう。


日本に生まれた喜びを一つ増やせた気がした。


ライブで観なきゃな。


皆さんもテレビやネットでなく、沢山、生を観に生きましょうね!

園遊会

本日は、お世話になっている作家さん、室積光さんのお宅にて、わいわいはしゃぐ園遊会にお邪魔させて頂いた。

室積さんが主催する、東京地下鉄劇場という劇団の面々と一緒に。


いや~!!


役者さんやら作家さんやらが集まると面白いね。


面白い話やら、興味深い話が次から次へと。

まだまだトークも磨かないかんな。と、実感した今日この頃。

サヨナライツカ

著者:辻 仁成氏

「人間は死ぬとき、愛された事を思い出すヒトと愛した事を思い出すヒトとにわかれる。私はきっと愛した事を思い出す。」

主人公豊は結婚を間近に控えるなか、謎の美女・沓子と出会い、激しく燃え上がる様な恋に落ちる。

しかし、二人は結局別れる事を選ぶのだが・・・





最初、読み進めている時は、恋愛小説ってあんまり読んでないなぁ・・・ってな感じであまり乗り気ではなかった。


しかし、恋に落ちる描写、二人がその恋にのめり込んでいく過程の描写についついはまって行ってしまう。


しかも、後半は、涙無しには読めなかった。

人を本気で好きになった事のある方、好きな人との別れを経験した事のある方なら、誰もが涙なしでは読めない一冊。

秋の夜長に、ほんのり涙したい方は是非。

女奴隷は夢を見ない

著者:大石圭氏

ある日突然、両親に、売られた「川上春菜」。

彼女は間もなく開かれる「奴隷市場」で競りにかけられる事に。

ただ、仕入れられていたのは、彼女だけではなかった・・・



最近、「闇の子供たち」を読んだばかりで、立て続けに、人身売買の話だったので、気が滅入る。

が、無きにしも有らずなお話。

最低な話なのに、この作家さんが書いてると、スラスラ読めてしまった。

最悪な話を楽しんで読んでいる自分。

その矛盾がまた面白かった。


目を背けたくなるような、リアルがこの世には溢れている。

そこに目を向け、スポットを当てていける、勇気のある人間でいたいと、思う。

自分の生活でいっぱいいっぱいになりがちだけれども、今の生活は、色んな犠牲の上に成り立っている、この事実をもっともっと強く感じていたいと・・・


決してそれを押し売りしようとは思わないけど、多くの方がそう思ってくれたら嬉しい。

在日

著者:姜 尚中(カン サンジュン)氏

ある日を境に、「永野鉄男」を捨てて「姜尚中」を名乗ることにした。

在日朝鮮・韓国人2世として、日本に生を受け、激動の時代を1世と共に歩んで来た、姜氏の半生を描いた自伝。



開始1ページ目で、目頭が熱くなった。

出来たら、これを読む時は、想像力を膨らませて、読んで頂きたい。

もし、自分が、自分の親が、親戚が、友達が!

って。

きっと1ページ目でいきなり目頭が熱くなると思う。


姜氏の素敵な所は、はたから見れば逆境の立場にいながら、それでもなお、力強く生き、小さな、在日というカテゴライズに囚われていない所。


世界に目が向いている。

こんな素敵なオジサマになりてーもんだ!

闇の子供たち

著者:梁 石日 (ヤン ソギル)氏


超極貧のタイ山岳地帯で育ったセンラー。
そんな彼女は実父にわずか八歳で売春宿へ売り渡された!
彼女は世界中の富裕層の性的玩具となり、涙すら涸れ果てていた…。
アジアの最底辺で今起こっている、幼児売春。臓器売買。


フィクションでありながら、ノンフィクションな作品。


梁氏は、実際にこの光景を目の当たりにしたのではないか?

と、思える作品。

とにかく、目を背けたくなるほど、エグイ!!

けれども、目を背ける事が出来ない現実。

一番の差別は、無関心から始まる。

日本で暮らす、すべての方々に読んでもらいたい。

夜ふかしの会

コントライブ

「あしたから思春期」を、観て来ました。


場所は、新宿はシアターモリエール。


約1時間30分の間、会場の笑いは絶える事ないどころか、後半にいくに連れて、お客さん側のタガが外れて、笑い声は大きくなるばかり。


って、それぐらい面白い。


興味ある方は、コチラ。



何よりも、演じてる方々が本当に楽しんでるなぁってのが、印象に残りました。


楽しい事してる時の人間って、本当に輝いてますね。


俺も楽しい事、しよ!


一つ、書きたいネタが浮かんだので、暖めておかなきゃ!

人工天使群

著者:雅琴氏

小説と漫画。

本人が、小説を漫画家している、珍しい作品。

あ、これ、本屋さんでは手にはいらないので、HPから手に入れて下さい!

コチラ。


で、内容は・・・


ある施設にいる生徒や、指導者や、博士などの群像劇。

なんて言っていいかわからん、今までに読んだ事のないジャンル。


読み始めてすぐに、おっと!際どい世界観か!?


と、ビビッたりもしたけれど、読み進める内にすっぽり世界に包まれました。


単純な恋愛モノかと思いきや、サスペンス要素もあったりと。


楽しませて頂きました。 うん!


是非、これからもどしどし書いて頂きたいですね。


皆さんが、本を応援して(買って)くれたら、どんどん書くハズなので、みなさんも応援してみて下さい!


読む価値かなりありまっせ!!
プロフィール

Author:光山文章
☆名前:光山 文章(ミツヤマ フミアキ)
☆誕生日:1979年6月19日
☆性別:♂   血液型:O
☆職業:俳優、時に作・演出。(所属事務所:中野笑店)
☆出身地:愛知県

☆特技、趣味:韓国語、空手、ボクシング、クライミング 、サッカー、


 ○出演作品○

▼映画
『SP THE MOTION PICTURE~野望篇~』
2010年10/30(土)公開

『SP THE MOTION PICTURE~革命篇~』
2011年3/12公開

『怖来』(主演)

『コンクリート』

▼ドラマ・TV
『駄目ナリ!』YTV他

『春 君に届く』YTV

『超星艦隊セイザーX』(第3話)TVTX

『築地探偵ハナカゼカオル』(第1話)CS

▼CM
『ジョージア (男ですいません)』

▼舞台
・エンタメ集団演人全開公演
  第2回「ロマンショー」
  第3回「クリスマス公演」(オムニバス作・演)
  第4回「名作」
  第5回「これなんだパンダ」
  第6回「地をhow鳥」
  第7回「ギロチンチョーク」
  第8回「BRIGHT MONING」(作・演出)
  第9回「タクト!」
  第10回「愛の素っ頓狂だい!」
  第11回「BRIGHT MONING(再演)」(作・演出)
・東京バンビ
  第14回「パークライフ」

最近の記事
カテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

+ アーカイブ
 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

スカウター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。