スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピランデッロのヘンリー四世

in 三軒茶屋 シアタートラム

hennry


ウェブはこちら



あらすじ・・・

イタリアに住む一人の貴族が、落馬事故を起こし、自らを中世ドイツの皇帝ヘンリー四世だと思い込む。

20年の時が過ぎ、男がかつて愛した恋人や医者が正気に戻そうと試みるが…。



観てきましたよ。


正直最初の1時間、長いなぁ、長いなぁ・・・としか思ってなかった。


が!!!


1時間過ぎ頃から急に展開が!!


これには正直驚いた。

しかも、そっからは本当に面白かった。

演出の好みは別れるかも知れないけれど。

久々に翻訳劇で、面白いと思えましたね。


まだ来週までやっています!

えんぴつ

小学生の頃、鉛筆の芯の濃さ・・・


で、Hとか、HBとかあったでしょ?


なぜかそれだけで卑猥だとおもっていた頃が懐かしい。

なかよし小鳩組

kobatogumi


著者:荻原浩氏

コピーライター杉山の勤める広告代理店。

ここは、常に綱渡りの倒産寸前の会社。

そこに舞い込んだ仕事は、ヤクザ・小鳩組のイメージアップ戦略。

離婚した妻の入院、その間娘を預かる事に。

主人公杉山は、とにかくだらしのない人間。

そんな彼が、奮闘し始めるが・・・



この本は、元演人メンバーの古家に紹介された本。


最後はやっぱりホロりとさせてくれるあたり、さすが荻原氏!


途中、イイ台詞がたっくさん出て来て、思わずメモしちゃいましたしね。


これはオススメ。

職務質問

夜中に警察がチャリンコを停めている。


登録ナンバーとかを見てるんだろうけど・・・


明らかにカワイイ女の子を狙って停めているでしょ?


かなりの割合でかわいい女の子を停めているのを目撃するもん。


警察も人の子だもんね!

いまさらバレンタイン

最近では、逆チョコなる完全に売り上げ増大の為に、企業側が作ったとしか思えない風習まで出始めたトカ・・・


酷いですね。


商売の為に人を動かす。

人の為に商売を動かして欲しいもの。


それでもチョコ貰うと嬉しいですしね。


今年もトラック一杯分くらいのチョコを頂きました!


なかでも、綺麗だったのを一枚撮りました。


tyoko


決してこれしか貰えなかった訳じゃないですよ。


いや、マジデ!!

ひざこし命

久々にバスケに行った。


そしたら、みんなが怪我の事をすっごい気にしてくれた。


しかも、その内の一人が、俺が久々にバスケに来るって情報を耳にしたらしく、プレゼントを持って来てくれた。


わざわざ持って来てくれた。


これ。




hizakosiinoti


もうすっごい嬉しいですわ。


このサプリは、かなり怪しげだけど、気持ちが嬉しいですわ。


お値段結構するみたい・・・


ありがとう! チャーシュー!

長生き競争!

nagaiki

著者:黒野伸一氏


小学校時代からの幼馴染の76歳の6人。

誰が一番長生きするかを賭けよう!

掛け金総額「五千七百万円」!

そこになぜか紛れ込む20歳の女の子!?


誰がこの賞金を手にするか。





これもマネージャーさんお薦め本。

これはTV化もされていますね。


途中、無理あるんじゃないかい? なんて思ったりもしたのも事実。


が、予想通り!? 最後は涙がとまりませんでした。


いつか必ず訪れる「死」。


しかも自分ならまだしも、生きている限り、たくさんの自分以外の死に出会うでしょう。

友人が多ければ多い程、出会うでしょう。


かといって、そんな死に出会いたくない! と、友人との交流も絶てないし。


読み終わっても、暫くはえづく程、泣いてしまいました。


最高の一冊。

ね。と、な。の違い

「ありがとう」を伝える時。


ありがとう。 と、言う。

ありがとね。 と、言う。

ありがとな。 と、言う。


この三つ、大分受け取り方が違ってきますよね?


使い方によっては、せっかくの言葉も受け手に不快感を与えてしまう。


ニホンゴムズカシイ。


相手の気持ちを汲んであげられる人程、芝居が上手い気もする。


シバイムズカシイ。

ボロボロになった人へ

boroboroninatta



著者:リリー・フランキー氏


短編6篇からなる本。

「大麻農家の花嫁」
 これは久々に声に出して笑ってしまった。何ともユーモアに溢れた作品。

「死刑」
 これはかなり現代の法曹界への風刺の効いた作品。心がスカッとするし、笑えました。

「ねぎぼうず」
 これは俺が勝手に抱くリリーさん像(エロ好きオヤジ)にぴったりの素敵な作品。人の出会いや恋愛ってそんなもんだよなぁ・・・なんて妙に共感しましたね。

「おさびし島」
 これまたかなり皮肉の効いた一品。うん。どこにいても人間やるこたぁ一緒な気がする!

「Little beby nothing」
 これはすっごく詩的な作品だなぁなんて思いました。男なんていくつになっても一緒なんだろうか・・・

「ボロボロになった人へ」
 最後に表題作。
 コイツはやられました。たかだか3ページくらいのチョーショート作品。
 でもリリーさんの愛が溢れている気がしてならない。
 こういうの好きだなぁ。


なんてだらだら書きましたが、本当に面白かった!

数時間で読み終えてしまう作品ですが、心に残るでしょう。

卒業

sotugyou





著者:重松 清氏



4編からなる“死”をモチーフとした中編集。

前半の2編ではこれから受け入れなければならない親の死を・・・

後半の2編では遠い過去の親友と母親の死を・・・



これもマネージャーさんお薦め本。

が、これは過去に一度読んでました。

再度読んで、再度泣く。


重松さんの本は、悔しい事に殆ど泣かされてます。

なんだか歳と共御多分に漏れず涙脆くなっています。

特に、これから来るであろう親の‘死‘。

これには参りますわ。


みんなが乗り越えていかなきゃならない問題。


俺は号泣してしまうでしょう。


親父やお袋に電話してみよ。
プロフィール

光山文章

Author:光山文章
☆名前:光山 文章(ミツヤマ フミアキ)
☆誕生日:1979年6月19日
☆性別:♂   血液型:O
☆職業:俳優、時に作・演出。(所属事務所:中野笑店)
☆出身地:愛知県

☆特技、趣味:韓国語、空手、ボクシング、クライミング 、サッカー、


 ○出演作品○

▼映画
『SP THE MOTION PICTURE~野望篇~』
2010年10/30(土)公開

『SP THE MOTION PICTURE~革命篇~』
2011年3/12公開

『怖来』(主演)

『コンクリート』

▼ドラマ・TV
『駄目ナリ!』YTV他

『春 君に届く』YTV

『超星艦隊セイザーX』(第3話)TVTX

『築地探偵ハナカゼカオル』(第1話)CS

▼CM
『ジョージア (男ですいません)』

▼舞台
・エンタメ集団演人全開公演
  第2回「ロマンショー」
  第3回「クリスマス公演」(オムニバス作・演)
  第4回「名作」
  第5回「これなんだパンダ」
  第6回「地をhow鳥」
  第7回「ギロチンチョーク」
  第8回「BRIGHT MONING」(作・演出)
  第9回「タクト!」
  第10回「愛の素っ頓狂だい!」
  第11回「BRIGHT MONING(再演)」(作・演出)
・東京バンビ
  第14回「パークライフ」

最近の記事
カテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

+ アーカイブ
 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

スカウター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。