スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイイング・アイ

daiinngai


著者:東野圭吾氏


記憶を一部喪失した雨宮慎介は、自分が死亡事故を起こした事を知らされる。

忘れてしまった事故について、調べ始める慎介だったが、関係者が徐々に怪しい動きを見せ始めて……。


東野氏の作品は、何だか久々。

コーヒーを飲もうとカフェに入る前に、立ち寄った古本屋さんで、衝動買い。


やっぱり間違いがない。


頭から終わりまで、ひたすらにページを捲ってしまう。


そんな芝居がしたい!!と、強く思った。


読み終えた今日は、バイクの運転も、自然と安全運転しちゃいました・・・
スポンサーサイト

まほろ駅前多田便利軒

mahoroekimaetadabenriken


著者:三浦しをん氏


東京のはずれに位置する‘まほろ市’の駅前にある便利屋「多田便利軒」に舞いこむ依頼はどこかきな臭い。

多田と行天コンビの魅力満点の連作集!


全6章で構成されたこの小説。


氏の作品は、2作目。

前作は、駅伝をテーマに扱った、「風が強く吹いている 」。


これに続いての作品でしたが、とにかく、文章がすらすら入ってくるし、面白い。


しかも、やっぱり人間が好きなんだろうなぁって感じがすごくして、最後は電車の中で読んでいたのに、泣いてしまった。


目の前の女子高生が、ビックリしてた・・・


盗みたくなる文章表現も、随所にあって、素敵な一作。


是非、心温められて下さい。

一日ゆっくりするのなら

一日をのんびり過ごすとしたら何します?


もちろん、大切な人と過ごすのも手でしょうし。

一人で過ごすのもアリですね。


俺はやっぱりついつい本を読んじゃうな。


しかも、チャリンコやバイクに乗って、普段行かないこ洒落たかふぇなんぞに行って。


完璧自分に酔ってんな~と、思われつつも、我関せず。


いいもん。キモくたって。


自分が心安らげて、リラックス出来る場所や空間をちゃんと持つのも大事なんだって、やっと最近気付いた。



今までは、やっぱり若さにかまけてひたすらに走ってきた気がするけれども。


足場固めも大事だと。



最近は、専ら小説と、孔子の論語の2冊を持ってお出かけです。

生きている

こ~んな小さな命もいるんだよね。


雨降りも、イヤな事ばかりじゃないですね。


ふと気付くと、そこに幸せ(大袈裟だけど)が、あったりと。



ちっとわかりづらいけど、写真。


tiisanakatatumuri


この指の右側にちょこんといるコヤツ。


小さなカタツムリ。


なんてかわゆい。


コヤツに負けないくらい、精一杯生きなきゃな!!

サプライズ。

先日、先輩の職場(レストラン)にお食事へ。


久々に彼の働く姿を見た。


食事を終え、デザートメニューでも見ようかとしたその時!!



okatyannsuweets



めっちゃイイタイミング!!


やっぱり、素敵な店は、全てが素敵。


最高に美味しかったです。


その後、会計をしようとしたら、店長さんらしき方が、


「もう御代は頂いております。」と。


オイ!先輩!!


めっちゃカッコイイじゃなすか!!


ダブルでサプライズなプレゼントを頂いちゃいました。



本当にご馳走様でした!!

進化した楊枝

すげぇ!!

単純に感動してしまった!!


日本て、やっぱり豊かですな。


sinnkasitayouji


両方楊枝なのと、右側にハッカが!!


これで、目を突いたら、ハッカと痛いのと、両方で涙出る事必至!!


芝居で泣けない時は、これ使おう。。。

涙くん、彼に告げて。

何だかふっと、聞きたくなる曲です。


http://www.youtube.com/watch?v=S7Szo6Y7aSM



永遠に大好きなアニメ(漫画)ベスト1の座は明け渡しそうもありません。

告白


kokuhakuminatokanae

作者:湊かなえ氏

我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。

ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る。

選考委員全員を唸らせた新人離れした圧倒的な筆力と、伏線が鏤められた緻密な構成力は、デビュー作とは思えぬ完成度である。

第29回小説推理新人賞受賞作。


舞台も終わり、また勉強の日々が始まります。

その記念すべき一作目に読んだ作品。



第1章を読み終わった時、戦慄が走りました。

恐ろしい!!


でも、ついつい物語を追ってしまう。


この第1章だけでも、一人芝居でやりたいなぁとかって思ってしまいましたね。


是非読んで頂きたい!!

バイバイ、「パークライフ」!!

さ、もう本当に最後の紹介です。

舞台監督の、中野祐さん。

舞台上の裏通りがめちゃくちゃ狭かった為、ずっと奈落で待機してくれていましたね。

あとでずっと「舞台上にいられなくて申し訳ない。」って言ってくれてましたが、とんでもない!

いつもそこにいらしてくださったお陰で、安心して舞台上で暴れてられました!!



音響の、池田あいさん。

彼女、普段は役者さんです。

のにも関わらず、快く音響を引き受けて下さって。

しかも、芝居に関して色んなアドバイスをしてくれましたね。

本当にとっても嬉しかったし、助かったし、色々と盗ませて頂きました。えへ。

今度は必ず共演したい方ですね!!



製作の、潮田塁さん、とお手伝い下さった沢山の受付スタッフさん達。

小屋入りした時点で、満席完売状態で、製作はてんやわんやだったのにも関わらず、見事なまでに捌いてくれましたね。

本当に芝居に専念させて頂きました。

お疲れ様&ありがとう!!



スチールの、齋藤真理さん。

真理ちゃんには、昔から本当に沢山の写真を撮って頂いてますね。

特に何も言わなくても、撮って欲しいポイントを瞬時に理解してくれるから、本当に楽させてもらいました。


これからも、もっともっと撮りたくなるような被写体となるよう、努力しますので、よろしくね!!




広報の、石川桃子さん。

桃ちゃんは、自分の所属する劇団の本公演が、丸カブリだったのにも関わらず、ずっとこちらにもご助力頂きましたね。

本当にチケット管理等助かりました。

今後とも、バンビさん達を本当によろしくお願いします。



宣伝デザインの、黒田海太郎さん。

海さん、フライヤー本当にありがとうございました!!

海さんは、いつ会ってもいつも気さくに色んなお話をして頂ける、本当に懐のデカイ男ですよね。

男にもててしまうの、うなずけます。

これからも、温かい兄貴の目線で見守って下さいね!!





最後ですが、照明の、安齋里美さん。


今回の公演を最後に、田舎に帰られると、聞いた時には、何故だか、涙が出ました。

劇場進出して以来、あなたの照明しか経験してません。

過去も、今も、俺はまだまだひよっこですが、ずっと優しく見てくれていましたね。

俺の芝居、いつも見ていてくれて、ボソッとアドバイスくれたりしましたね。

最後に「俺の芝居は伸びてるか?」と、聞いたら、ほんのり涙ぐんで、「うん。もちろん。」と、言ってくれましたね。

本当に寂しいです。。。

いつの日にか、必ず、呼び戻せるよう、本当に日々精進しますので、待っていて下さい!!



本当に沢山の方々に支えられて、舞台って成り立っているんですね。

もちろん、一度たりとも感謝の気持ちを忘れた事はありません。

この方々に報いる一番の方法は、俺が、役者として、人として、少しでも成長する事だと信じております。


もっともっと大きくなります!!!!


これからも、本当に宜しくお願い致します。



本当に、本当に、ありがとうございました!!!!!


バイバイ、「パークライフ」!!

キャスト紹介 番外編

全キャストの紹介は終わりましたが、今日は番外編。


裏方さんの紹介をしていきたいと思います。


まずは、作・演出の足立広紀氏。

彼とは中学時代からの友人。

上京してからも、極貧生活を共にしながら、芝居の稽古を夜中公園でこっそりと、ひたすらにしたりしてましたね。

その甲斐あってか、なかったか、少しはお互い成長出来たのかな?

毎回そうですが、今回は特に、より高みを目指した芝居の話が出来たように感じます。

もちろん本人、全く満足していませんが。

だからこそ、次に臨めるのかも知れませんね。


満足したらそこで終わりって良く言ってますもんね。


今回、あなたはワタクシに沢山の事を要求してくれましたね。

それを一つクリアするごとに、また次の課題、また次と。

オイ、めちゃくちゃハードル上げてくるなぁ。と、思う反面。

期待してくれてんだなぁってスゴク感じました。


それに応えられたかどうか・・・


彼はこれからももっともっと面白い作品を!と、トライし続ける事でしょう。


もしもまた声が掛かったのなら、その時は、彼の為になら労力を惜しまず、力添えが少しでも出来たらな、と思います。


そんな彼の本番前の一枚。


adatinohonnbannmae


何かを考えながら、髪をクルクル回すのが癖みたいです。


髪をクルクルしている時はそっとしておいてあげて下さい。


このクルクルから、数多くの名作が今後も生まれてくるハズですので、このクルクルの頻度に期待していて下さい!!

プロフィール

Author:光山文章
☆名前:光山 文章(ミツヤマ フミアキ)
☆誕生日:1979年6月19日
☆性別:♂   血液型:O
☆職業:俳優、時に作・演出。(所属事務所:中野笑店)
☆出身地:愛知県

☆特技、趣味:韓国語、空手、ボクシング、クライミング 、サッカー、


 ○出演作品○

▼映画
『SP THE MOTION PICTURE~野望篇~』
2010年10/30(土)公開

『SP THE MOTION PICTURE~革命篇~』
2011年3/12公開

『怖来』(主演)

『コンクリート』

▼ドラマ・TV
『駄目ナリ!』YTV他

『春 君に届く』YTV

『超星艦隊セイザーX』(第3話)TVTX

『築地探偵ハナカゼカオル』(第1話)CS

▼CM
『ジョージア (男ですいません)』

▼舞台
・エンタメ集団演人全開公演
  第2回「ロマンショー」
  第3回「クリスマス公演」(オムニバス作・演)
  第4回「名作」
  第5回「これなんだパンダ」
  第6回「地をhow鳥」
  第7回「ギロチンチョーク」
  第8回「BRIGHT MONING」(作・演出)
  第9回「タクト!」
  第10回「愛の素っ頓狂だい!」
  第11回「BRIGHT MONING(再演)」(作・演出)
・東京バンビ
  第14回「パークライフ」

最近の記事
カテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

+ アーカイブ
 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

スカウター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。