スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猿の惑星 創世記(ジェネシス)

今話題の映画、震えました・・・

CMで言っていたように、本当に涙してしまったし、文字通り震えてしまった。


音もカッコイイし、芝居もめちゃくちゃイイじゃないですか!!


それこそ、猿芝居!?に泣かされた!! と、思うのもおこがましいと感じてしまう作品。


初期の猿の惑星の驚きや、感動がある分、余計に素敵に感じる作品なんでしょうけど。


若い世代だと、最初の猿の惑星を御覧になってない方も多いのかな!?


そんな方は、是非それを観てからこの作品を観たら、面白さや、感動や、切なさが倍増どころじゃない。


手に汗しながら、切なくて、カッコイイ、そんな作品でした!!



オモシロイ!!!!!
スポンサーサイト

ご褒美パン!!

仕事が決まりました!!


今の事務所「中野笑店」に入って、オーディション無しで役を頂いたのは、初めての事です。


とっても喜んでおります。


決まる時はこんなにもあっさりと決まるものなんですね・・・


そんでもって、嬉い事があった時のご褒美。


皆様は何をします?


俺は、大好きなパン屋さん「ティグレ」のパン!!


色んなパン屋さんに行きましたが、ここのパンが一番好きなんです!!


何度行っても、迷う程、ひっそりと佇んでいる店なんです。


良かったら皆様も是非食べてみて下さいな。

忍びの国

sinobinokuni

著者:和田竜氏


人間離れした技ばかりが、忍びの術ではない。

親兄弟すら欺き、ひたすら出し抜くこと。でなければ、生き残れぬ。

戦国大名不在の国、伊賀国に織田軍一万余が攻め込んだ。

「その腕、絶人の域」と言われる忍びの無門は想い女のお国を連れて敵前逃亡をはかるが……。



ニンジャ活劇!!!


これは痛快の一言。

忍術が出てくる時点で、何が起こってもいい世界観なのが、とってもワクワクさせられる。

それでいて、キチンと人同士のやりとりを感じさせてくれる。

最後には、予想できるのに、胸も目頭もアツくなってしまう。


この作品、出来たらしっかりとお金をかけて、リハーサルにも時間をかけて、映画化して欲しい!!


そして、俺もニンジャやりたい!!!

チョコレートコスモス

tyokore-tokosumosu

著者:恩田陸氏


芝居の面白さには果てがない。

一生かけても味わい尽くせない。

華やかなオーラを身にまとい、天才の名をほしいままにする響子。

大学で芝居を始めたばかりの華奢で地味な少女、飛鳥。

二人の女優が挑んだのは、伝説の映画プロデューサー・芹澤が開く異色のオーディションだった。

これは戦いなのだ。

知りたい、あの舞台の暗がりの向こうに何があるのかをー。

少女たちの才能が、熱となってぶつかりあう!



たまたま読んだら、芝居の本でした。

芝居、舞台の本でありがちな、トントン拍子でうまくいく話、ではない!!!

登場人物は、もがき、苦しみ、あがいて、努力を惜しまない。


そこにとてつもなく共感するし、クライマックスでは、手に汗を握りながら読んでしまう。

そして、随所にニヤッとしてしまうような、アイディアが。


俳優ならば、これを読めば、舞台がやりたい!!と、強く思うハズ。

そして、同じように、黄色いヒナギクを触りたい!!と。


芝居に携わっていない方が読めば、少しは俳優さん達の苦悩も見えてくるのかな!?


久々にアツクなって、一気読みしてしまいました。

兎ノ刻

作・演出:スギ タクミ氏

乃木坂は、コレドシアターにて観劇。


全くの前情報なしで観に行った、舞台。

レストランでの公演でしたので、大体1時間ちょいかと思っていたら、2時間の大作!!

普通の小屋でやって欲しかった!!


出演されていらっしゃる俳優陣も、誰の事も知らずに観た舞台でしたが、随所で楽しめました。

中でも、菊池美里さんには笑わせて頂きました。

キャラ勝ちなのか、普段から面白い方なのか、またいつかどこかで観てみたい方です。


ピアノ、いいなぁ・・・


楽しませて頂きました!!

オーデュポンの祈り

原作:伊坂幸太郎氏
脚本:和田憲明氏
演出:ラサール石井氏

三軒茶屋は、パブリックシアターにて観劇。


内容は原作に忠実にといった所でしたでしょうか!?


残念ながら、原作を随分と前に読んでしまっていたので、記憶をなぞるように観てしまった事。

特殊な演出なども期待していたのですが・・・


歌舞伎などで良く使われる、引幕!?のようなのが多様されていて、これは好きでした。

引幕を使った後を楽しんで観れますよね。


舞台ならではの解釈や、答えの出し方があっても、さらに面白かったのかなぁなんて、偉そうな事を思ってしまっていました。


それでも、案山子のユーゴのキャスティングは、ぴったりだったのかな、とも。


尺などは多少の強引さは感じましたが、とっても楽しんで拝見させて頂きました!!
プロフィール

光山文章

Author:光山文章
☆名前:光山 文章(ミツヤマ フミアキ)
☆誕生日:1979年6月19日
☆性別:♂   血液型:O
☆職業:俳優、時に作・演出。(所属事務所:中野笑店)
☆出身地:愛知県

☆特技、趣味:韓国語、空手、ボクシング、クライミング 、サッカー、


 ○出演作品○

▼映画
『SP THE MOTION PICTURE~野望篇~』
2010年10/30(土)公開

『SP THE MOTION PICTURE~革命篇~』
2011年3/12公開

『怖来』(主演)

『コンクリート』

▼ドラマ・TV
『駄目ナリ!』YTV他

『春 君に届く』YTV

『超星艦隊セイザーX』(第3話)TVTX

『築地探偵ハナカゼカオル』(第1話)CS

▼CM
『ジョージア (男ですいません)』

▼舞台
・エンタメ集団演人全開公演
  第2回「ロマンショー」
  第3回「クリスマス公演」(オムニバス作・演)
  第4回「名作」
  第5回「これなんだパンダ」
  第6回「地をhow鳥」
  第7回「ギロチンチョーク」
  第8回「BRIGHT MONING」(作・演出)
  第9回「タクト!」
  第10回「愛の素っ頓狂だい!」
  第11回「BRIGHT MONING(再演)」(作・演出)
・東京バンビ
  第14回「パークライフ」

最近の記事
カテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

スカウター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。