スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行って来ましたCM撮影~

今日は早朝から、とあるCMの撮影に行って参りました。


めちゃくちゃ雰囲気のイイ現場で、本当に皆で作ってる作品だなぁって感じ。


ここまでの現場もそうそうないんじゃないですかね!?


それでも、要求はキッチリと。


皆さんがそれぞれの持ち場をしっかりと守りつつ、それでもお互いに妥協せず、力を出し合う。


そうそうこの感じ。


俺が憧れていた、カッコイイ方々がいらっしゃる現場。


仕事で行ったのにも関わらず、めちゃくちゃ楽しくて元気をもらえた現場でした!!


お昼ごはんに、佐野ラーメン。


これがまたはまりそうなくらい美味かった!!!


sanora-men
スポンサーサイト

意外な所で役に立つ。

皆様、ご存知ユーチューブ。


めちゃくちゃ便利な世の中になりましたね。


どなたかがアップしていたのなら、海外の物でも見れちゃうんですね。


最近は、もっぱら韓国の番組やらを観漁っております。


もちろん日本語字幕の付いていないものも殆どですが・・・


韓国語を勉強しているおかげで、字幕なしでも、8,9割は理解出来ます。


まさかこんな形で役に立つとは・・・


韓国のバラエティ番組「青春不敗2」を、字幕も無しに、一人大声で笑いながら観ております。


もう、ただのアイドル好きのおっさんですね・・・


いや、もちろん、韓国語の勉強と言う名目でですが・・・


とにかく、勉強した成果が、このような形とは言え、役に立っている事には変わりない。


いつか大好きな韓国映画にも出演出来るよう、芝居も語学ももっともっと磨かなくては!!

下町ロケット

sitamatiroketto

著者:池井戸潤氏

その特許がなければロケットは飛ばない――。
大田区の町工場が取得した最先端特許をめぐる、中小企業vs大企業の熱い戦い!

かつて研究者としてロケット開発に携わっていた佃航平は、打ち上げ失敗の責任を取って研究者の道を辞し、いまは親の跡を継いで従業員200人の小さな会社、佃製作所を経営していた。
下請けいじめ、資金繰り難――。
ご多分に洩れず中小企業の悲哀を味わいつつも、日々奮闘している佃のもとに、ある日一通の訴状が届く。
相手は、容赦無い法廷戦略を駆使し、ライバル企業を叩き潰すことで知られるナカシマ工業だ。
否応なく法廷闘争に巻き込まれる佃製作所は、社会的信用を失い、会社存亡に危機に立たされる。

そんな中、佃製作所が取得した特許技術が、日本を代表する大企業、帝国重工に大きな衝撃を与えていた――。

会社は小さくても技術は負けない――。

モノ作りに情熱を燃やし続ける男たちの矜恃と卑劣な企業戦略の息詰まるガチンコ勝負。
さらに日本を代表する大企業との特許技術(知財)を巡る駆け引きの中で、佃が見出したものは――?

夢と現実。社員と家族。かつてロケットエンジンに夢を馳せた佃の、そして男たちの意地とプライドを賭した戦いがここにある。


この本は、「カイシャデイズ」の直後に読み始めた為か、こちらもすんなり一日かけずに読み終えてしまった。

ただ、早く読めたからと言って、内容が薄いだなんてことは一切ない。

wowwowで、ドラマ化されたようですが、そちらも観たかった~!!

男っていくつになってもガキだし、夢ばっかり見てたいもんですよね~。


俺もいつまでも、キラキラした眼を持っていたいものです。

試写会~!!

出演した映画の試写会に行って参りました。
久々にお会いする顔に喜びを感じ、いざ会場へ。

何度経験しても自分の出演しているシーンはしっくり来ない。
反省しきりだし、こっ恥ずかしくて観てられない。

それでも映画は最高に面白かった!!

笑えて泣けて、明日も頑張ろう!!って思える作品になってました。

また友達数十人引き連れて、映画館ジャックをしに行かなければ。

終演後、監督にお褒め頂き、またご一緒して下さいねと。

これはたとえ社交辞令だとしても、最高の褒め言葉じゃい!!

どんな嫌な事も、どんな疲れも、全てが吹き飛ぶ一言。

役者が単純なのか、単に俺が単純なのか・・・


とにかく、めちゃくちゃ元気が出た試写会でした。

作品詳細は、また後日~!!

カイシャデイズ

kaisyadays


著者:山本幸久氏


わがままで強面だが人望厚い営業チーフ。

いつも作業着姿の昭和風二枚目施工監理部員。

掟やぶりのヒラメキ型デザイナー。

彼ら“魔のトライアングル”三人組と内装会社の同僚達が、莫迦で無茶で情熱一杯に働く姿を描いた、胸を熱くさせる傑作ワーキングストーリー。



気付いたら、とんと書いてませんでしたこのブログ。

なので、久々に。

この本は素敵です。

わざわざオフにまで、カイシャデイズだなんて仕事を思い出させる様な本を読みたくなんてないって思いましたが。

この本は読んだら止まらなかった。

数時間で読みきってしまいましたね。

それほどのめり込めるし、面白い!!


あれ!?

こんな会社なら、サラリーマン生活も楽しそうだぞ!!

なんて夢を見させてくれる、魅力的な方々が。

で、案外身近にいる方々も、深くちゃんと知ればそういうもんカモ。

うん、きっとそうだ。

だから、自分の周りでも、こういう面白い事を探そう!!

ってな気分にさせてくれちゃう、不思議な魅力を持ったこの一冊。

やっぱり秋は読書には最適ですな。
プロフィール

Author:光山文章
☆名前:光山 文章(ミツヤマ フミアキ)
☆誕生日:1979年6月19日
☆性別:♂   血液型:O
☆職業:俳優、時に作・演出。(所属事務所:中野笑店)
☆出身地:愛知県

☆特技、趣味:韓国語、空手、ボクシング、クライミング 、サッカー、


 ○出演作品○

▼映画
『SP THE MOTION PICTURE~野望篇~』
2010年10/30(土)公開

『SP THE MOTION PICTURE~革命篇~』
2011年3/12公開

『怖来』(主演)

『コンクリート』

▼ドラマ・TV
『駄目ナリ!』YTV他

『春 君に届く』YTV

『超星艦隊セイザーX』(第3話)TVTX

『築地探偵ハナカゼカオル』(第1話)CS

▼CM
『ジョージア (男ですいません)』

▼舞台
・エンタメ集団演人全開公演
  第2回「ロマンショー」
  第3回「クリスマス公演」(オムニバス作・演)
  第4回「名作」
  第5回「これなんだパンダ」
  第6回「地をhow鳥」
  第7回「ギロチンチョーク」
  第8回「BRIGHT MONING」(作・演出)
  第9回「タクト!」
  第10回「愛の素っ頓狂だい!」
  第11回「BRIGHT MONING(再演)」(作・演出)
・東京バンビ
  第14回「パークライフ」

最近の記事
カテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

+ アーカイブ
 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

スカウター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。