スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CUT

監督・脚本・編集:アミール・ナデリ氏

共同脚本:青山真治氏、田澤裕一氏


詳しくは、「CUT」オフィシャルサイトを見て下さい。


「映画のために死ね」


この文字が嫌でも飛び込んで来る。

是非この作品は劇場で観て欲しいですね。

正直、ストーリーなんて単純なもの。

それでも、俳優の力と、映像、テンポ、編集、それらいろんな要素で、2時間以上の作品が長く感じない。

どころか、ぐいぐい引き込まれて行ってしまうんです。

あぁこれが「映画」の力なんだなぁって思わせてくれます。

見終わる頃には、きっと体中に力が入って疲れている事でしょうけど・・・


主演の西島さん、最近まで出ていらしたドラマとは同じ俳優とは思えないくらい、狂った役でしたね。

やっぱりこちらの方が好きです。

あぁ芝居したいなぁって、強く思わせてくれました。


皆様、単館映画館でしか上映されていませんが、是非劇場で!!


映画や舞台は、作り手だけで何とかなるものじゃない。

お客さんの見る眼もないと最高の作品が最高の作品に昇華されずに終わってしまう。

そんなの悲し過ぎません!?
スポンサーサイト

サウスポー・キラー

sausupo-kira-

著者:水原秀策氏

旧弊な体質が抜けない人気プロ野球チームの中で孤軍奮闘する、クールな頭脳派ピッチャー。
彼は奇妙な脅迫事件に巻き込まれていく……犯人の狙いはいったい何なのか? 


俺は昔から、野球は詳しくない。

専らサッカー波でした。

ところが、この作品の主人公をめっちゃくちゃ好きになってしまいました。

面白い!!!

開始早々に事件が起きる。

そこから最後まで、とにかく飽きさせない。

普段見ることの出来ない、プロ野球界の裏側までも覗き見れるかのようなこの作品。

「このミス」大賞をとっている作品なので、読んでいる方も多いかとは思いますが、是非!!

いや~面白かった!!!

神様がくれた指

kamisamagakuretayubi


著者:佐藤多佳子氏

出所したその日に、利き腕に怪我を負ったスリ。
ギャンブルに負けて、オケラになったタロット占い師。
思いっ切りツイてない二人が都会の片隅でめぐりあった時、運命の歯車がゆっくり回り始めたことを、当人たちはまだ知らない。
やがて登場するもう一人がすべてを変えてしまうことも。
「偶然」という魔法の鎖で結ばれた若者たち。
能天気にしてシリアスな、アドベンチャーゲームの行方は・・・


ぱっと背表紙を読んだ時、なぜか短編なのかと思って読んでしまった。

ところがどっこい。

しっかりと長編で楽しませて頂きました。

内容は超が付く程、男っぽい作品なのに、文体は女性のそれで、非常にするりと読み易い作品でした。

後半はぐいぐいと引き込まれて、ドキドキハラハラの連続でしたし。

非日常を求める、元気な女性にお勧めですよ。

ちゃくちゃくと。

舞台の準備が進んでおります。


非常に楽しみで仕方ない!!


どんな舞台になるのやら・・・


ご予約はお早めに!!


mayonakaomote


mayonakaura

期せずしてクリスマスプレゼント!!

部屋に帰ると、室温は外の気温と同じ、6度でした。


毎年恒例のこの時期がやって来ましたね。


我が部屋は毎年外と同じくらい冷え込むのです。


ま、それはいいとして、今日はお知り合いの作家先生のお宅にお呼ばれしての忘年会。


ま~楽しかった!!!


ちょこちょこ集まっているので、気心の知れた面子達。


とにかく集まると馬鹿な話ばっかりで、でもみんな色々と頑張ってる方々なので、刺激をたくさんもらえます。


でね、今年一年、特に良い子にしていた記憶もないのですが、そんな俺にもサンタさんが!!


主催の作家先生、「室積光氏」の本と、冬に素敵な靴下のプレゼントが!!


この、気持ちが何よりも嬉しいし、心が一番温まる。


こういう事は、ペイフォワード精神で、周りにどんどん還元しなくてはね。


頑張ります!!


tatujinnnodesitokutusita

素敵な接客

今日、煙草を買おうと寄ったコンビニでの出来事。


入ってみると、煙草が見当たらない。


店員さんに聞いてみたところ、どうやらここのコンビニには煙草が置いてないとの事。


そしたらこの店員さん。


「駅の反対側のコンビニに煙草置いてありますよ。」って。


そのコンビニは、違う会社。


分かります!?


これこそが接客の美学だと思うんです。


儲けだけじゃない!!


もうね、感動しちゃいますよね。


だから、きちんとお礼を言って、よそのコンビニで煙草だけ買って、また元のコンビニに戻りました。


そして、飲み物などはここで買いました。


一つの心ある接客を受けた事は、心に残るものです。


人ってそういうもんでしょ!?


って事は、自分もそういう行いが出来るように心がけなきゃ。


損得抜きに、誰にたいしても真心持って接する事が出来るように。

リップクリーム

冬ですね。

乾燥もひとしお。

先日、数年ぶりに故郷の愛知県に帰りました。

中学校を卒業して以来の友人達にも会えたのですが、みんな大人になっていて、ビックリ!!

ま、当時の倍以上も生きているのですから当然か。

本当に色んな面子に会えたのです。

中学当時、もててた男、面影の見当たらない顔、顔は思い出せても名前の思い出せないやつ、中学当時ほんのり恋心のようなものを抱いた子、変わらずに笑顔が弾けてる子、お母さんになってた先輩の妹、お父さんになった親友、などなど・・・


それはもう、懐かしくて数週間飲み明かしても語りつくせないほど。


ま、それはそれとして。

深夜に唇がカッサカサになりまして。

いつもいつでもリップクリームを持っていた友人に、借りようとしたところ、そんな日に限って持ってないのね。

仕方なく、その辺の友人全員に声をかけた。


あ、ここで素朴な質問ですが、友人のリップクリームは、使えますか!?

男女異性を問わず。

俺は使えます。もちろん友人のって前提ですが・・・


でね、結局持っていたのが、中学時代めっちゃかわいかった女子だけ。

もちろん今でも綺麗な方ですよ。

カサカサには代えられないので、拝借。

周りからは非難の声も。

でもさ、カサカサなんだもん。

ひがみも含まれていたのだと思うけど。


でも、異性のリップクリームを、気兼ねなく借りられるまでには歳をとったんだなぁと、しみじみ実感。

昔の俺なら、とてもとても恥ずかしくてそんな事出来なかったのに。。。

そんでもって、その子も躊躇なくすんなり貸してくれました。ってか、そのリップくれました。


もしかしてだけど、俺が使った後に使うのがイヤだったのかも・・・



ちなみに、そのリップクリーム、芯まであと1ミリ。


どんだけ物持ちイイんだよ!?

ありがとさん!!


roppukuri-mu

情報規制で・・・

ブログに書きたい事は、山盛りなのに・・・


中々情報規制が厳しくて、書けない事だらけなんです。


CFも撮ったし、ドラマも決まったし、色々と書きたい事が!!


しかも、それぞれの現場で、素敵で最高な出会いもあったし、楽しい事も沢山あったのに。


むぅぅ・・・


当たり障りのない事しか書けなくて、なんだか歯がゆいですねぇ。。。


それでもちょこちょこと解禁された情報は開示していきます!!


まずは年末にある撮影と、来年2月の舞台に向けて!!


気力は充実しとります!!


新しい仕事も出会いも楽しいことばかりだ!!


何だか、小さいながらも波が来てるのかな!?


全ての出会いに感謝を!!

告知!!!

一年以上ぶりに、舞台に立ちます。

客演としてご招待頂けたのは、「ラズカルズ」さん。


代表の松本たけひろさんと、映画SPでご一緒させて頂き、その後懇意にさせて頂いております。


さてさて、どんな舞台になるかはまだ分かりませんが、面白くする自信はありますので、是非劇場へいらして下さいな。

以下、告知。


ラズカルズ 公演情報

「真夜中 」

作/演出 松本たけひろ

◆キャスト(50音順)

井端珠里 (RUF )
今村洋一 (地下空港 )
佐藤宙輝 (ラズカルズ )
手塚けだま (ラズカルズ )
温井摩耶 (演劇集団キャラメルボックス )
日沖和嘉子 (ラムネ☆天色堂 )
松本たけひろ (ラズカルズ )
光山文章 (中野笑店 )

*********************************

まばたきする間の一瞬で
冥王星にだって飛べる

誰も知ることのない
百年後の未来だって感じられる

当たり前の人 当たり前の世界

真夜中を泳いだなら
今まで見えなかったものが
その目にも映るはず

頭上で円盤が輝いたなら
今まで聞こえなかった言葉が
その耳にも届くはず

ぼくだって あたしだって あなただって

「歌おうか」

この世に生きる喜び
そしてかなしみのことを

*********************************

◆公演期間

2012年2月22日(水)~2月26日(日)

【第22回下北沢演劇祭参加】

◆タイムテーブル

2/22(水)19:30
2/23(木)19:30
2/24(金)15:00☆/19:30
2/25(土)15:00/19:30
2/26(日)13:00/17:00

開場は開演の30分前、受付は60分前より開始。
客席内での飲食喫煙、未就学児童の入場はご遠慮ください。

◆劇場

下北沢 シアター711

東京都世田谷区北沢1-45-15 (ザ・スズナリ隣り)
03-3469-9711
小田急線・井の頭線/下北沢駅南口より徒歩5分
http://www.honda-geki.com/711.html

◆チケット

前売3.000円/当日3.200円(全自由席)

☆の回は前売当日共に割引料金2.500円

〔発売日〕

1月22日(日)12:00より発売開始

〔お取り扱い〕

★インターネット予約 http://form1.fc2.com/form/?id=626619 (24時間)

★電話予約 03-3469-9711(シアター711/12:00~19:00)

★メール予約 razcals.hello@gmail.com (24時間)

メール予約をされる方は、件名に「真夜中のチケット予約」、
本文に「お名前、ふりがな、メールアドレス、お電話番号、日時、枚数」を記載の上、送信なさってください。
ラズカルズ制作部からの返信を持ちまして、ご予約の完了とさせて頂きます。

〔お問い合わせ〕

razcals.hello@gmail.com (ラズカルズ/24時間)

03-3469-9711(シアター711/12:00~19:00)

◆スタッフ

〔舞台美術〕向井登子
〔照明〕山浦恵美
〔音響〕橋本絢加
〔衣装〕中島エリカ
〔舞台監督〕大友圭一郎/松澤紀昭
〔舞台写真〕永田理恵
〔宣伝美術〕奥村周也
〔制作〕山田真里亜(ひげ太夫)
〔企画/製作〕ラズカルズ

◆協力(50音順)

演劇集団キャラメルボックス/SOMEYA・本舗/地下空港/中野笑店
ネビュラプロジェクト/ひげ太夫/ラムネ☆天色堂/RUF

◆ラズカルズ Official Website

http://www.facebook.com/razcals

◆ラズカルズのあれこれ

http://ameblo.jp/razcals/

キャストたちによる稽古場と劇場でのあれこれ
プロフィール

光山文章

Author:光山文章
☆名前:光山 文章(ミツヤマ フミアキ)
☆誕生日:1979年6月19日
☆性別:♂   血液型:O
☆職業:俳優、時に作・演出。(所属事務所:中野笑店)
☆出身地:愛知県

☆特技、趣味:韓国語、空手、ボクシング、クライミング 、サッカー、


 ○出演作品○

▼映画
『SP THE MOTION PICTURE~野望篇~』
2010年10/30(土)公開

『SP THE MOTION PICTURE~革命篇~』
2011年3/12公開

『怖来』(主演)

『コンクリート』

▼ドラマ・TV
『駄目ナリ!』YTV他

『春 君に届く』YTV

『超星艦隊セイザーX』(第3話)TVTX

『築地探偵ハナカゼカオル』(第1話)CS

▼CM
『ジョージア (男ですいません)』

▼舞台
・エンタメ集団演人全開公演
  第2回「ロマンショー」
  第3回「クリスマス公演」(オムニバス作・演)
  第4回「名作」
  第5回「これなんだパンダ」
  第6回「地をhow鳥」
  第7回「ギロチンチョーク」
  第8回「BRIGHT MONING」(作・演出)
  第9回「タクト!」
  第10回「愛の素っ頓狂だい!」
  第11回「BRIGHT MONING(再演)」(作・演出)
・東京バンビ
  第14回「パークライフ」

最近の記事
カテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

+ アーカイブ
 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

スカウター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。