スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告知 「女医・倉石祥子~死の点滴~」 @フジテレビ系列全国

また告知です。

放送日は、2月の17日(金)

21:00~22:54

チラッとしか出演しておりませんが、お時間合いましたら、是非探してみて下さい!!
スポンサーサイト

告知 「彼は、妹の恋人」 @BeeTV

舞台の稽古やら、パソコンの不調やら、言い訳は山盛りですが・・・


告知です。

と、言いますか、もう放送してますが・・・


ドコモの携帯から見られる、BeeTVの、「彼は、妹の恋人」の第6話に出演させて頂きました。


ドコモをお持ちの方は是非観てみて下さい。

石原さとみちゃんも、道重さゆみちゃん(モーニング娘。)も、二人とも顔小さくてかわいかったなぁ。

あとやっぱり、平岡祐太君もイイ男でしたね。


それに、坪倉由幸さん(我が家)はやっぱり面白かったです。


大分遅れての告知でしたが、是非皆様御覧下さいませ!!

動き始めた真夜中

2月に客演させて頂く、ラズカルズさんの舞台稽古。

ついに始動しました!!

「ラズカルズ」

何だか本当に面白い物が出来上がりそうです。

ぷぷぷ。

面白そうな面子も揃ってますし。


さて、チケットなくなる前に早めの御予約を~!!

武士の尾

著者:森村誠一氏

businoo



大石内蔵助を始めとする四十七士が吉良邸への討ち入りを果たす。

その直前、大石の命令で仇討ち強硬派と知られる高田郡兵衛は脱盟を余儀なくされる。

美しい妻を娶り、市井での平和な暮らしを始めた郡兵衛。

だが待っていたのは、裏切り者の汚名に耐えつつ、己の使命を全うするという過酷な人生だった。

美談の陰で生きた男が見たものとは。



久々の時代小説。

言わずと知れた、赤穂浪士の四十七士達。

その裏話となるこの小説。

久々の時代物なのにも関わらず、すんなりと入っていけたのは、現代の言葉も巧みに織り交ぜながらの文体だった事にも助けられた気がします。

非常に読みやすい、その上、切な過ぎる・・・

郡兵衛・・・

郡兵衛・・・

やっぱりそうなってしまうのか・・・


イイ小説、イイ映画、イイドラマ、イイ芝居、それぞれに共通している事・・・


それは、登場人物達の行動や、言動、それらの全てが、いたしかたなく行われるべくして行われる事。

普段は絶対にしない行動だと思っても、窮地に陥った時、そういう行動を取ってしまうかも知れない。。。

そう信じ込ませてくれるって事が、読者なり、視聴者をグイグイ引っ張ってくれているんだと思う。

この作品、哀しくて切なくて、それでも分かる分かると思わせてくれる、最高ニカッコイイ作品です!!

哀しき獣 「(原題)黄海」

脚本・監督:ナ・ホンジン氏

出演:ハ・ジョンウ氏、キム・ユンソク氏、・・・他


この映画は、韓国で公開されていた頃に韓国の方に噂を聞いていて、どうしても観たかった作品でした。

しかも、この主演のハ・ジョンウ氏が大好きな俳優さんの一人なんです。

なので、期待しまくって観に行きましたが・・・

その期待も十分に超えてくれる作品でした。


中国の延辺の朝鮮族と、中国人、韓国人の微妙な関係性など、日本では中々理解されがたそうですが、それも芝居や演出でうまく表現されてましたね。



もちろん、話の筋自体は単純なので、途中飽きてしまいそうな部分もある気はしますが、それでも俺は全く飽きずに2時間20分。

この映画で、カーチェイスのシーンが評価されているそうなんですが、確かに迫力がスゴイす!!

これは中々日本では出来そうもないな、なんて気も。

ま、あんまり書くとネタバレになりそうなので、やめときますが。


それでも、この作品、とにかく最高に好きになりました。

「映画の力を信じている」

それを国を挙げて実証している、そんな作品でした。


やっぱり国民性やら、お国柄やらも多分に影響はあると思うのだけど。

悔しい事に、今の日本ではこういう映画は作れないんだろうな・・・

しかも、こういう、世界で評価されている映画が上映されている映画館の少ないこと。

東京で、新宿のシネマートだけなんですよ!?

世界で評価されても、日本では受けないって事!?

日本で評価されている作品は!?


何だか、色々と哀しい現実までも観てしまった映画なようです・・・


是非皆様、観てみてくださいまし。

2012

あけました!!!

2012年の幕開けです。

皆様、今までのご支援本当にありがとうございます!!

そして、これからの一年も、どうぞよろしくお願いします。


そう。

今年は、役者目指して上京してから、ちょうど10年目。


何かしらの結果を残さなければならない年なのです。


もちろん今までよりも精進致します。


ので、皆様も、これまで以上のご愛顧をよろしくお願い致します。


2012年一発目は、2月22日から下北沢シアター711で行う舞台です。


2月が一発目ってのも、最初から出遅れている気がしてコワイですが・・・


それでも今までお見せしてきたどの作品よりも面白く作る気でおります。


是非是非期待していて下さい。


そして、絶対に劇場に観にいらして下さいまし。


告知になってしまいましたが・・・



皆様の健康とご多幸を願いつつ、今年一年、本当によろしくお願い致します!!!
プロフィール

Author:光山文章
☆名前:光山 文章(ミツヤマ フミアキ)
☆誕生日:1979年6月19日
☆性別:♂   血液型:O
☆職業:俳優、時に作・演出。(所属事務所:中野笑店)
☆出身地:愛知県

☆特技、趣味:韓国語、空手、ボクシング、クライミング 、サッカー、


 ○出演作品○

▼映画
『SP THE MOTION PICTURE~野望篇~』
2010年10/30(土)公開

『SP THE MOTION PICTURE~革命篇~』
2011年3/12公開

『怖来』(主演)

『コンクリート』

▼ドラマ・TV
『駄目ナリ!』YTV他

『春 君に届く』YTV

『超星艦隊セイザーX』(第3話)TVTX

『築地探偵ハナカゼカオル』(第1話)CS

▼CM
『ジョージア (男ですいません)』

▼舞台
・エンタメ集団演人全開公演
  第2回「ロマンショー」
  第3回「クリスマス公演」(オムニバス作・演)
  第4回「名作」
  第5回「これなんだパンダ」
  第6回「地をhow鳥」
  第7回「ギロチンチョーク」
  第8回「BRIGHT MONING」(作・演出)
  第9回「タクト!」
  第10回「愛の素っ頓狂だい!」
  第11回「BRIGHT MONING(再演)」(作・演出)
・東京バンビ
  第14回「パークライフ」

最近の記事
カテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

スカウター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。