スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武士の尾

著者:森村誠一氏

businoo



大石内蔵助を始めとする四十七士が吉良邸への討ち入りを果たす。

その直前、大石の命令で仇討ち強硬派と知られる高田郡兵衛は脱盟を余儀なくされる。

美しい妻を娶り、市井での平和な暮らしを始めた郡兵衛。

だが待っていたのは、裏切り者の汚名に耐えつつ、己の使命を全うするという過酷な人生だった。

美談の陰で生きた男が見たものとは。



久々の時代小説。

言わずと知れた、赤穂浪士の四十七士達。

その裏話となるこの小説。

久々の時代物なのにも関わらず、すんなりと入っていけたのは、現代の言葉も巧みに織り交ぜながらの文体だった事にも助けられた気がします。

非常に読みやすい、その上、切な過ぎる・・・

郡兵衛・・・

郡兵衛・・・

やっぱりそうなってしまうのか・・・


イイ小説、イイ映画、イイドラマ、イイ芝居、それぞれに共通している事・・・


それは、登場人物達の行動や、言動、それらの全てが、いたしかたなく行われるべくして行われる事。

普段は絶対にしない行動だと思っても、窮地に陥った時、そういう行動を取ってしまうかも知れない。。。

そう信じ込ませてくれるって事が、読者なり、視聴者をグイグイ引っ張ってくれているんだと思う。

この作品、哀しくて切なくて、それでも分かる分かると思わせてくれる、最高ニカッコイイ作品です!!

サウスポー・キラー

sausupo-kira-

著者:水原秀策氏

旧弊な体質が抜けない人気プロ野球チームの中で孤軍奮闘する、クールな頭脳派ピッチャー。
彼は奇妙な脅迫事件に巻き込まれていく……犯人の狙いはいったい何なのか? 


俺は昔から、野球は詳しくない。

専らサッカー波でした。

ところが、この作品の主人公をめっちゃくちゃ好きになってしまいました。

面白い!!!

開始早々に事件が起きる。

そこから最後まで、とにかく飽きさせない。

普段見ることの出来ない、プロ野球界の裏側までも覗き見れるかのようなこの作品。

「このミス」大賞をとっている作品なので、読んでいる方も多いかとは思いますが、是非!!

いや~面白かった!!!

神様がくれた指

kamisamagakuretayubi


著者:佐藤多佳子氏

出所したその日に、利き腕に怪我を負ったスリ。
ギャンブルに負けて、オケラになったタロット占い師。
思いっ切りツイてない二人が都会の片隅でめぐりあった時、運命の歯車がゆっくり回り始めたことを、当人たちはまだ知らない。
やがて登場するもう一人がすべてを変えてしまうことも。
「偶然」という魔法の鎖で結ばれた若者たち。
能天気にしてシリアスな、アドベンチャーゲームの行方は・・・


ぱっと背表紙を読んだ時、なぜか短編なのかと思って読んでしまった。

ところがどっこい。

しっかりと長編で楽しませて頂きました。

内容は超が付く程、男っぽい作品なのに、文体は女性のそれで、非常にするりと読み易い作品でした。

後半はぐいぐいと引き込まれて、ドキドキハラハラの連続でしたし。

非日常を求める、元気な女性にお勧めですよ。

下町ロケット

sitamatiroketto

著者:池井戸潤氏

その特許がなければロケットは飛ばない――。
大田区の町工場が取得した最先端特許をめぐる、中小企業vs大企業の熱い戦い!

かつて研究者としてロケット開発に携わっていた佃航平は、打ち上げ失敗の責任を取って研究者の道を辞し、いまは親の跡を継いで従業員200人の小さな会社、佃製作所を経営していた。
下請けいじめ、資金繰り難――。
ご多分に洩れず中小企業の悲哀を味わいつつも、日々奮闘している佃のもとに、ある日一通の訴状が届く。
相手は、容赦無い法廷戦略を駆使し、ライバル企業を叩き潰すことで知られるナカシマ工業だ。
否応なく法廷闘争に巻き込まれる佃製作所は、社会的信用を失い、会社存亡に危機に立たされる。

そんな中、佃製作所が取得した特許技術が、日本を代表する大企業、帝国重工に大きな衝撃を与えていた――。

会社は小さくても技術は負けない――。

モノ作りに情熱を燃やし続ける男たちの矜恃と卑劣な企業戦略の息詰まるガチンコ勝負。
さらに日本を代表する大企業との特許技術(知財)を巡る駆け引きの中で、佃が見出したものは――?

夢と現実。社員と家族。かつてロケットエンジンに夢を馳せた佃の、そして男たちの意地とプライドを賭した戦いがここにある。


この本は、「カイシャデイズ」の直後に読み始めた為か、こちらもすんなり一日かけずに読み終えてしまった。

ただ、早く読めたからと言って、内容が薄いだなんてことは一切ない。

wowwowで、ドラマ化されたようですが、そちらも観たかった~!!

男っていくつになってもガキだし、夢ばっかり見てたいもんですよね~。


俺もいつまでも、キラキラした眼を持っていたいものです。

カイシャデイズ

kaisyadays


著者:山本幸久氏


わがままで強面だが人望厚い営業チーフ。

いつも作業着姿の昭和風二枚目施工監理部員。

掟やぶりのヒラメキ型デザイナー。

彼ら“魔のトライアングル”三人組と内装会社の同僚達が、莫迦で無茶で情熱一杯に働く姿を描いた、胸を熱くさせる傑作ワーキングストーリー。



気付いたら、とんと書いてませんでしたこのブログ。

なので、久々に。

この本は素敵です。

わざわざオフにまで、カイシャデイズだなんて仕事を思い出させる様な本を読みたくなんてないって思いましたが。

この本は読んだら止まらなかった。

数時間で読みきってしまいましたね。

それほどのめり込めるし、面白い!!


あれ!?

こんな会社なら、サラリーマン生活も楽しそうだぞ!!

なんて夢を見させてくれる、魅力的な方々が。

で、案外身近にいる方々も、深くちゃんと知ればそういうもんカモ。

うん、きっとそうだ。

だから、自分の周りでも、こういう面白い事を探そう!!

ってな気分にさせてくれちゃう、不思議な魅力を持ったこの一冊。

やっぱり秋は読書には最適ですな。
プロフィール

光山文章

Author:光山文章
☆名前:光山 文章(ミツヤマ フミアキ)
☆誕生日:1979年6月19日
☆性別:♂   血液型:O
☆職業:俳優、時に作・演出。(所属事務所:中野笑店)
☆出身地:愛知県

☆特技、趣味:韓国語、空手、ボクシング、クライミング 、サッカー、


 ○出演作品○

▼映画
『SP THE MOTION PICTURE~野望篇~』
2010年10/30(土)公開

『SP THE MOTION PICTURE~革命篇~』
2011年3/12公開

『怖来』(主演)

『コンクリート』

▼ドラマ・TV
『駄目ナリ!』YTV他

『春 君に届く』YTV

『超星艦隊セイザーX』(第3話)TVTX

『築地探偵ハナカゼカオル』(第1話)CS

▼CM
『ジョージア (男ですいません)』

▼舞台
・エンタメ集団演人全開公演
  第2回「ロマンショー」
  第3回「クリスマス公演」(オムニバス作・演)
  第4回「名作」
  第5回「これなんだパンダ」
  第6回「地をhow鳥」
  第7回「ギロチンチョーク」
  第8回「BRIGHT MONING」(作・演出)
  第9回「タクト!」
  第10回「愛の素っ頓狂だい!」
  第11回「BRIGHT MONING(再演)」(作・演出)
・東京バンビ
  第14回「パークライフ」

最近の記事
カテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

スカウター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。